SMBC環境プログラム NPO法人 C・C・C 富良野自然塾

富良野自然塾とは 塾長メッセージ プログラム 季刊誌 地域活動 森の成長記録 お知らせ アクセス お問い合わせ

塾長メッセージ



2008年 春
塾長 倉本 聰
 僕達人間の存在にとっての必需品とは何なのでしょうか。
食もそうですし、衣も住もそうでしょう。しかしそれ以前にもっと最重要なもの。それは、空気と水、です。しかしこの二つの重要性を、それがあまりにも身近で当り前すぎる為、僕らは普段忘れてしまっています。  ではその空気と水を供給してくれているものは何か。森です。それも森の葉っぱです。しかし人類は古今東西、森を見るとき、木材になる幹ばかり見て葉を見ることを忘れていました。

 平成17年、富良野プリンスホテルゴルフコースが閉鎖されると聞き、そこを昔の森に還してはどうかと提案し快諾を得ることが出来ました。今僕達は、この土地をお借りしてそこを元の森に還す事業、同時にそのフィールドを利用しての環境教育事業に取り組み始めました。

 森に還すとは、単に植樹をすることではありません。近隣の森から、種や実生や若苗を採取し、移植可能な時期まで育てて初めて地面に植えつけるという忍耐と歳月の遠大な作業です。多分このコースが森に還った姿を、僕らは生きて見ることが出来ないでしょう。だからこそこの事業を未来につなげていかなければなりません。

 これは、利を得る為の事業ではありません。
 僕らは木材の為に森をつくるのではなく、これまで不当に無視されて来た葉っぱをつくる為に森をつくろうとしています。何故なら葉っぱこそ空気の清浄と水の貯蔵を司る最も重要な機関だからです。

 三井住友銀行(SMBC)のご協力によって、僕らはこのプロジェクトを進行させています。
どうかまず、興味を持って、このフィールドにいらしてみて下さい。
 
三井住友銀行 ※SMBC環境プログラム
この事業は三井住友銀行(SMBC)の特別協賛を得て行っています。
Copyright (C) 2006-2015 Furanoshizenjuku. All rights reserved.
English