SMBC環境プログラム NPO法人 C・C・C 富良野自然塾

富良野自然塾とは 塾長メッセージ プログラム 季刊誌 地域活動 森の成長記録 お知らせ アクセス お問い合わせ

お知らせ

シニアのための自然・環境研修会参加者募集案内   

 800万人ともいわれる"団塊の世代"の皆さんが定年を迎えていますが、団塊の世代のアンケートによりますと、定年後にやりたいこととして「社会のためになる活動」、やりたいジャンルとしては「自然、環境」が上位にランクされています。
 作家・倉本聰が主宰する富良野自然塾では、仕事・子育てなどに一段落がついたシニア世代の皆様のこうした意向とニーズに応えるために、今年も、自然や環境活動に関心をお持ちの方々を対象とした「シニアのための自然・環境研修会」を開催します。
 これからの人生で自然や環境に関連した活動をお考えの皆さんを対象とした研修会です。自然環境関連の仕事やボランティア活動などをおやりになりたい皆様にとって、地球環境問題の基礎を学べる自然塾の研修は必ず役に立つと思います。応募をお待ちしております。

募集要項

開催日程 2017年6月22日(木)13時〜24日(土)12時  ⇒詳細はチラシ参照 
場所 富良野自然塾フィールド (集合場所…富良野プリンスホテル)
募集人数 20名程度
年齢 原則として50歳以上
参加費 57,000円(税込) 2泊5食付き
応募方法 所定の申込用紙に必要事項を記入の上、メール・FAX・郵送にてお申込みください。
※応募者多数の場合は受講人数を調整させていただくことがあります。
応募開始 3月1日(水) ※会員先行受付 2月1日(水)〜28日(火)
応募締め切り 4月28日(金)

研修内容

倉本塾長講義 「ヒトに問う」
講義 「地球環境の現状と問題点」 他
フィールド研修 「環境教育プログラム」(インストラクター実技を含む)
「植樹関連プログラム」(種、育苗、植樹などの実技を含む)
「農業研修」「自然散策」など
その他 「五感プログラム」など

例年の様子

昨年の様子

昨年の様子

昨年の様子

昨年の様子

富良野へのアクセス


お問合わせ

お申し込み、お問い合わせは事務局までご連絡ください。

竹下景子さんの3世代ファミリーキャンプ

 夏休み恒例イベント「3世代ファミリーキャンプ」今年も開催いたします。女優の竹下景子さんが、富良野自然塾のインストラクターとしてご案内する1泊2日のファミリーキャンプです。 夜のプログラム「朗読の会」もお楽しみに。ご応募をお待ちしております。
内容についてご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

実施概要

日 程 2017年7月28日(金)〜7月29日(土)【1泊2日】 ⇒詳細はチラシ参照  
場 所 富良野自然塾フィールド
定 員 6家族程度
応募開始 3月1日(水) ※会員先行受付 2月1日(水)〜28日(火)
参加料 大人 10,000円 子ども 5,000円(税込)
対 象 3世代 [祖父母、父母、子ども(原則として、6歳以上)]

地球の環境は世代を越えて守っていくべきものです。
家族が同じ体験をし、地球や環境などについて考える時間をお過ごしください。

原則、祖父母世代のご参加が条件となりますが、各世代が全員そろう必要はありません。
各世代1名ずつ、祖父母とお孫さん、という形でもご参加いただけます。
備 考 テントや寝袋、お食事はこちらでご用意いたします。

スケジュール(予定)

【1日目】7月28日(金)
13:00 受付、フィールドへ移動
午後 【環境教育プログラム】
インストラクター:竹下景子さん
・森の散策など
夕食 フィールド
竹下景子さん 「朗読の会」
・焚き火を囲んで
就寝 テントにて就寝(各家族に1テント)

【2日目】7月29日(土)
朝食 フィールド
午前 植樹、および植樹に関連した作業
11:30 11:30 閉会、解散
お申し込み、お問い合わせは事務局までご連絡ください。

一緒に働ける新しいスタッフを募集しています。  

これからの時代、活躍の場が広がる分野です。
あなたの感性次第で、無限大の可能性を秘めています。
個性豊かな、新しい風を期待しています。

【企業理念】  「地球は子孫から借りているもの」 新しい環境教育を目指します

画像
富良野自然塾は、2005年北海道富良野で環境教育事業と自然返還事業を始めました。「五感」を使って学ぶことができるよう試行錯誤を繰り返して開発した環境教育プログラムには、毎年5,000人以上の方が参加されています。また、元ゴルフ場のフィールドには延べ60,000本の木が植えられ、着々と元の森に還ろうとしています。また、環境教育プログラムを他府県(愛媛、京都、福岡、東京など)の自治体・NPO・民間事業者などへ提供して環境教育のすそ野を広げ、「子孫から借りている」地球のことをもっと多くの人が真剣に考える社会になっていくように願いながら事業を行っています。

【仕事内容】  表現力豊かな環境教育インストラクターになり、全国を飛び回ってください

画像
富良野自然塾の環境教育プログラムは、主に6月〜10月に行われます。この期間、小中高生をはじめとする様々な参加者に地球環境問題を伝えるインストラクター業務が主な仕事です。用意されたシナリオを「言う」だけでは伝わりません。参加者の心に届くにはどうしたらいいのか?富良野塾で培った演劇のノウハウによる表現技術も学ぶことができます。自分の想いを相手に「伝える」ことの喜びを実感してください。また、プログラムには植樹も含まれますので、苗木の管理や、フィールドの手入れも自分たちで行います。 冬季期間は、事務作業の他、企業・学校に出向いて行う「出前授業」で、道内〜全国を回ります。

【社風・風土】 倉本聰の「創る」世界を体感しませんか?

画像
塾長である倉本聰は、「創る」と「作る」は違うとよく言います。富良野自然塾は、地球環境の問題をどうしたら伝えることができるのか?を考え、ゼロから「創」りだした結晶です。そんな塾長の想いと活動内容に賛同してくださり、女優の竹下景子さん、サッカー元日本代表監督の岡田武史さんなどが毎年訪れて私たちと一緒に環境教育プログラムを行っています。テレビや雑誌の取材対応や、多くのプロフェッショナルに接する機会の多い職場です。なかなか体験することができない「ものづくり」の現場の雰囲気を、ぜひみなさんにも知っていただきたいです。

募集要項

募集人数 若干名
業務内容 環境教育インストラクター。育苗、植樹関連作業全般。
勤務開始 応相談
応募条件 富良野自然塾の活動に関心のある方。性別、学歴不問。
人と話すのが好きな方。人を喜ばせたり感動させたりすることが好きな方。
地道な作業も黙々とこなせる方。
給与 社内規定による (経験、年齢、能力を考慮し、当社規定にて優遇)
諸手当支給。能力や実績に応じて、昇給あり。
諸手当 交通費規定支給 等
休日休暇 休日・休暇 4週6休制
年末年始
※オフシーズンとなる冬季期間は長期休暇取得も可能です。
保険 社会保険完備
補足 入社後6ヶ月の試用期間終了後、本採用となります。
選考過程 ・書類選考(随時受付)
・面談
・職場体験(富良野)
申込方法 メール、郵送
申込内容 履歴書(写真付)
作文「私が富良野自然塾インストラクターに応募した理由」
問い合わせ 本募集についての問い合わせは富良野自然塾採用担当まで。
SMBC環境プログラム NPO法人 C・C・C 富良野自然塾
〒076-0017 北海道富良野市下御料   http://furano-shizenjuku.com/
Tel:0167-22-4019 Fax:0167-22-5385 E-mail:shizenjuku@furano.ne.jp

夏季 自然返還事業 ボランティア募集

ゴルフ場跡地を森に還そうと2005年から始まった富良野自然塾の活動も11年目を迎えました。
これまで、延べ60,000本以上の植樹を行い、着々と元の姿に還ろうとしています。

森をつくるということは、ただ木を植えるだけではなく、苗木の準備や草抜きなど、育樹作業も大切です。
育樹作業が落ち着いた時は、環境教育プログラムのお手伝いもしてもらいます。

休日には、旭山動物園や美瑛の丘めぐり、富良野の雄大な自然など、日本随一の観光地で涼しい夏を堪能してください。

ご不明な点等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。
画像 画像 画像

募集要項

募集期間 6月1日〜10月31日(左記期間において、5日以上活動できる方)
作業時間 8:00〜17:00
募集締切 随時募集
定員 1〜2名
対象 自然(草木、動物、虫)が好きな方。
地道な作業を苦にしない方。
富良野自然塾の活動に興味のある方。
作業内容 苗木や植樹地の管理(草抜き、植樹)
環境教育プログラム 補佐
施設等 近隣の宿を紹介できます。
もしくは、社員寮の利用可能(利用料 500円/1日)。交通費、食費等は自費で。
場所 北海道富良野市
補足 双方の合意により、スタッフ採用あり。
申込方法 メール、TEL
SMBC環境プログラム NPO法人 C・C・C 富良野自然塾
〒076-0017 北海道富良野市下御料   http://furano-shizenjuku.com/
Tel:0167-22-4019 Fax:0167-22-5385 E-mail:shizenjuku@furano.ne.jp
▲ページの先頭へ戻る
 
三井住友銀行 ※SMBC環境プログラム
この事業は三井住友銀行(SMBC)の特別協賛を得て行っています。
Copyright (C) 2006-2015 Furanoshizenjuku. All rights reserved.
English